わずかな時間の加圧トレーニングで、ダイエット、筋力アップ、怪我・病後の回復を!

STAFF BLOG/2019-09-08

筋肉痛が出ているときはあまりその痛い部分のトレーニングはしない方がいいですね。

本格的なアスリートも毎日同じ部位をトレーニングすることはあまりないようです。

腕を鍛えたら数日間は腕のトレーニングを行わず、その間に脚や体幹を鍛えてローテーションを組んで行うという方法がとられています。

筋肉を鍛えたら、数日休ませて、栄養を与えて、また鍛える。この繰り返しでしっかり引き締まった身体ができてきます。

栄養を与えるというのは、筋肉の場合にはタンパク質を指します。

ここへ通われている方は基本アスリートではありませんので、程よく全身を鍛えてもらうようにしていますが、

おおむね、お腹を引き締めたいという方が多いですので、体幹トレーニングは若干多め?に行ってもらいます。

またその他に、有酸素運動が入るとさらに効果倍増ですので、ご自分のライフスタイルに合わせて考えてみて下さい。

a:15 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional