わずかな時間の加圧トレーニングで、ダイエット、筋力アップ、怪我・病後の回復を!

骨折・ねんざ

加圧トレーニングでねんざ・骨折からの早期回復

ねんざ

 怪我をすると、患部に炎症が起こり、血流が阻害されて、腫れや痛みが伴います。

 この状況下で加圧を行いますと、

 ? 血行が良くなり、新陳代謝が促され、腫れや痛みが緩和されます。

 ? 痛みを和らげる物質、「マイオカイン」というホルモンが、
           トレーニング後に、分泌されているからとも言われています。

骨折

 骨折した高齢者の実験で、

   加圧した場合としない場合での差を調べた結果、その差は、はっきりと出たようです。

   加圧を行った方は、骨折後、3週間で、骨をつなげる仮骨が形成されたそうです。

特に高齢者の骨折は、これをきっかけに、寝たきりになってしまうケースが多いようです。

寝たきりになってしまうと、骨に重力がかからず、筋肉もどんどん衰えていってしまいます。

そのためにも、是非、リハビリに加圧トレーニングを取り入れてみましょう。
   

a:4056 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional