わずかな時間の加圧トレーニングで、ダイエット、筋力アップ、怪我・病後の回復を!

心筋梗塞

心筋梗塞の治療にも有効

心筋梗塞とは、

心臓の筋肉に、血液を送る冠状動脈の内腔が、細くなったり詰まったりすることで、心臓への血流が減る病気のことを指します。心筋梗塞などの心疾患は、心臓の機能を急激に低下させ、命に関わることもあります。

心臓の機能を向上させる手段として、加圧トレーニングは、とても有効です。

     脚のつけ根を加圧すると、一時的に、下半身に血液が溜まる為、
     上半身の血液量が少なくなります。

     上半身の血液が少なくなると、今度は、脳の指令によって、
     多くの血液が心臓から送り出されるようになります。

     これにより、心臓の心拍数が増し、心筋が鍛えられます。

     これは、実際に運動をしているわけではないのにも関わらず、
     運動をしている時と同じ状態となるわけです。

     そして、

     また、適切な加圧によって、血流を制限していますので、
     制限された血液は、行き場を求めて、
     あちこちで新たな血管を作り出します。

     このため、心臓への血流もよくなるという仕組みです。

a:3141 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional