わずかな時間の加圧トレーニングで、ダイエット、筋力アップ、怪我・病後の回復を!

加圧トレーニング

加圧トレーニング

加圧トレーニングとは、腕と脚のつけ根に専用のベルトをつけ、個人に合った適正な圧力を加え、血流量を制限して行うトレーニングのことです。

「血を止めてトレーニングをしても大丈夫?」とよく質問を頂きますが、加圧トレーニングの場合、血液を止めるのではなく「適正な圧」でトレーニングを行うことで最大限の効果を出していくのです。

加圧トレーニングの最大の特徴は極めて

 低負荷、 短時間、 短期間

で絶大な効果を発揮するということです。

しかも一般的に1回のトレーニングにかける時間は、週1回、30分程度ととても短いものです。これは従来のトレーニングでは考えられないことですね。

その高い効果にはさまざまなモデルや女優、競技のトップアスリート達も注目しており、近年、積極的にトレーニング法として取り入れられているほどです。



★加圧トレーニングの利点★
①トレーニング時間は週1回30分程度
②トレーニング器具は500mlペットボトルで十分
③加圧ベルトを巻けば日常生活も十分なトレーニングとなる
④引き締まったメリハリボディが手に入る
⑤お肌にハリ、ツヤがよみがえる
⑥便秘や冷え性といった悩みが解消される




加圧トレーニングの5大効果

うれしい効果その1 ダイエットぽっこり

 加圧トレーニングを行うと増大する成長ホルモンによって、太りにくい体になります。また、トレーニングによって筋肉が増えると、脂肪が燃えやすい体になります。
食べて痩せる体、寝てても痩せる体を目指します。



うれしい効果その2 血行促進指先冷たい・・・

 加圧と除圧を繰り返すことで、血管に弾力が甦ります。血行がよくなり、血流量も多くなるので、新陳代謝が活発になります。冷え性や肩コリ、むくみなどの不調が改善します。



うれしい効果その3 回復力アップ早く治したい

 加圧トレーニングをすると骨折や肉離れ、ねんざなどの怪我の回復が早くなるという研究データがあります。成長ホルモンによって、筋肉や人体の修復が早まると考えられています。



うれしい効果その4 筋力アップ引き締めたい

 軽い負荷で高い効果が得られるので、トレーニングを続けやすいのが特徴です。さらにトレーニング中の怪我などもしにくいので、老若男女どなたでもできます。



うれしい効果その5 美肌・若返り時間よ止まれ!

 加圧トレーニングをすると通常の約290倍もの成長ホルモンが分泌されたという研究結果が出ています。成長ホルモンは、肌がハリやツヤを取り戻し、脂肪の付きにくい体にしてくれます。



加圧トレーニングの仕組み

  血行がよくなる!  

指先まで温かいよぉ♪

年齢を重ねて衰えた血管は
拡張・収縮機能が低下している

     ただの矢印

圧力を除くと、 たまっていた血液が
一気に流れ出し体中の隅々まで
血液が行き渡る

     ただの矢印

トレーニングを続けると、
血管の拡張・収縮機能がアップする



歳をとると、血管も衰えて弾力性を失います。
血液は酸素と栄養を体中に運ぶ役目を果たしていますが、血流が悪くなると細胞の機能は低下し、新陳代謝が衰えて老化が進みます。

これまで、手軽に血管を鍛える方法は存在しませんでした。
しかし、加圧トレーニングによって血流を適度に制限することで、血管の拡張・収縮機能を取り戻すことができるのです。



  血管が若返る!  

血管年齢若くなりますよぉ

加齢などで血管内皮細胞が硬くなり、
血流が悪くなっている。
NOもほとんど生まれない

     ただの矢印

加圧を繰り返すとNOが生まれ、
血管内皮細胞が柔らかくなる

     ただの矢印

継続的に加圧をすることで、
血管の弾力性が再生する


加齢によって血管が硬くなり、血液を押し出す力を失っていきます。これが進行したのが動脈硬化です。血管の弾力性を取り戻すのに、NO(一酸化窒素)が重要なカギを握っています。NOは血管内皮細胞から生まれ、血管を若返らせる働きを持っています。加圧トレーニングを継続的に行うと、このNOが分泌されるようになります。これによって血管が若返るのです。



  2種類の筋肉が同時に鍛えられる!  

引き締まり効果♪

重い負荷のトレーニングを短時間行う
 ⇒ 速筋が鍛えられる

軽い負荷のトレーニングを長時間行う
 ⇒ 遅筋が鍛えられる

     ただの矢印

軽い負荷の加圧トレーニングを行う

     ただの矢印

脳が重い負荷と錯覚して速筋が鍛えられ、
それを長時間行うことで同時に遅筋も鍛えられる


筋肉には持久力を発揮する遅筋と、瞬発力を発揮する速筋があります。
遅筋を鍛えるには軽い負荷のトレーニングを長時間続ける必要があり、速筋は重い負荷のトレーニングによって鍛えられるので、2つの筋肉を同時には鍛えられません。
しかし、加圧トレーニングでは短時間の軽い負荷のトレーニングでも、脳が重い負荷だと錯覚して速筋と遅筋が同時に鍛えられるのです。



  成長ホルモンが大量に分泌する!  

若返るひみつ♪

加圧して血流を制限

     ただの矢印

筋肉疲労によって生成された
乳酸がたまる

     ただの矢印

受容体がより強く刺激される

     ただの矢印

受容体を再生させるために
成長ホルモンが大量に分泌される


成長ホルモンとは脳下垂体で作られ、体中に分泌されています。
カラダの成長と新陳代謝を活性化させる働きがあります。
その他、免疫機能の強化、脂肪の減少、傷の回復期間の短縮など、若返りに多大な効果をもたらします。
筋肉疲労によって乳酸が生成されると、受容体を刺激します。
すると、損傷した受容体を再生するために成長ホルモンが生成されます。

見えないところでこんなことが行われながら、体が若返っていくんです♪♪

a:7929 t:7 y:4

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional